【第二回】nrlaunchの便利な使い方

今回はnrlaunchのより便利な使い方をもっと詳しく解説します。(前の記事も参照してください。動画を載せています。)

・日時を表示させる
・フォルダの中身の階層表示
・表示させるアイコンを変える
・同時に2つ以上のファイルを実行する
・ゴミ箱を空に、Windowsの再起動、終了など便利なボタンの追加
・起動条件の変更

nrl6.jpg

左上に日時が表示されています。また、フォルダをクリックすると階層表示をしてくれます。

まず日時の表示ですが、上の画像で日時表示がされている場所(つまり、左上)をダブルクリックしてください。
すると、「タイトルの変更」新しいタイトルを入力してください。と表示されるので、そこに
$YEAR/$MONTH/$DAY $HOUR:$MIN:$SEC と入力してください。
$YEARは西暦を、$MONTHは月を、$DAYは日、$HOURは時、$MINは分、$SECは秒を表示します。
その他自分の好きなようにカスタマイズしましょう。


今は西暦$YEAR年$MONTH月$DAY日の$HOUR時$MIN分$SEC秒です。
と入力すれば、
「今は西暦2011年9月05日の05時36分41秒です。」と表示されます。


次にフォルダの階層表示の仕方です。

ボタン上で右クリック⇒ボタンの追加 または、今あるボタンを変更したいなら「ボタンのプロパティ」を選択します。


nrl1.jpg


ボタンにフォルダを登録したいなら、赤枠「フォルダ」をクリックし、登録したいフォルダを選びます。
その後、赤枠「フォルダ内のファイルを一覧表示」にチェックします。
これで「OK」をおせば階層表示されるフォルダの登録完了です。
階層表示は何もフォルダに限ったことではなく、コントロールパネルなどを登録しても、中の項目を階層表示可能です。


次にボタンに別のアイコンを使う方法を紹介します。

nrl2.jpg

アイコンを変えたいボタンの上で右クリックし、ボタンのプロパティを選択。
上画像の緑枠「別のアイコンを使う」にチェックし、「参照」から使いたいアイコンを選択します。

次に2つ以上のファイルを同時に実行する方法。

nrl3.jpg

まず、起動させるファイルのひとつをボタンに登録し、その上で右クリック⇒ボタンのプロパティ
上画像の「同時実行」項目内の紫枠「追加」をクリックし、同時に起動させたいファイルを選択します。
これでボタンを押すと、登録された二つ以上のファイルが同時に起動します。

ゴミ箱、Windowsの再起動、終了などのボタンの追加

nrl4.jpg

ボタン上で右クリック⇒ボタンの追加⇒一番上の「ボタンの種類」欄「アプリケーションを起動」をクリックし、
「ゴミ箱を空にする」「Windowsの終了」「Windowsの再起動」など追加したいボタンを選択後、「OK」で追加されます。
再起動と終了のアイコンが同じで区別つかなくて困るという人は、自分でアイコンをダウンロードしてきて、アイコンの変更(変更の仕方は上にのっている)をしましょう。


起動条件の変更

nrlaunchが起動するのに、マウスくるくる以外の方法の設定です。

nr9.jpg

nrlaunch上で右クリック⇒環境設定⇒「マウス」タブ内「ランチャウィンドウを表示させる動作」項目のチェックを「なし」から設定したい項目に移し、「OK」
これでくるくる以外でも、例えば右ダブルクリックなどで、起動するようになります。

次に、起動のためのマウスの回転回数、反時計回りでの起動、くるくるマウス機能を使用しない設定の仕方です。

nr10.jpg

nrlaunch上で右クリック⇒環境設定⇒「くるくるマウス」タブで、「くるくるマウスを使う」のチェックをはずすと、マウスの回転では起動しなくなります。
「円を描く方向」で、認識する回転動作を設定できます。人に画面の説明をするときによくポインタを右回転させる人は、反時計回りで起動するようにしたほうがいいです。
また、起動までに円を描く回数、認識する円のサイズ、円を認識する時間の設定もできます。
関連記事

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES Customized by WEB Memorandum