Operaのフォント変更、スピードダイヤル画面の変更

Operaの使用フォントの変更と、スピードダイアル背景の変更方法の紹介です。

op1.jpg


Visual Styleの適用によって、Operaのフォントの一部がおかしくなることがあります。
また、よりきれいなフォントで表示させたい人はフォントの変更をしましょう。
(この変更でフォントが変わるのは、表示先のHPの文章の文字、Operaのツールバー、入力フォーム、Googleの検索ボタンなどです。)

フォントの変更

Opera画面上のツール(T)⇒設定⇒詳細設定タブ⇒フォント と進みます。

opera2.jpg

変更したい部分(例えば、ブラウザツールバー、フォームのボタンなど)をクリックし、
横の「選択」ボタンを押します。

opera3.jpg

今は「Segoe UI」というフォントが適用されていますが、好きなものをこの一覧から選んで変更します。
筆者のオススメは「メイリオ」です。この画像の文字のフォントはメイリオを使用しています。

サイズは、小さくて読みづらいというなら変えたほうがいいですが、基本的に変更はお勧めしません。
「OK」で前の画面にもどり、また「OK」で変更が適応されます。


次にスピードダイアルの背景の変更です。

スキンを使用すると、もうすでにそのスキンにあった画像が背景に設定されていることが多いですが、自分の好みの画像を使いたいひとは、変更しましょう。

スピードダイアル画面で、右クリック⇒Speed Dial の設定 と進みます。

opera4.jpg

この画面で、「背景画像を有効にする」にチェックをし、設定したい画像を選択し、「OK」
これで、自分の選んだ画像が、Speed Dialの背景に設定されます。

さらに、スピードダイアルの透過度の設定
Opera10.0 beta2以降なら、speeddialの透過率を変更できます。
まずは、設定フォルダ内のspeeddial.iniを開きます。設定フォルダの場所はアドレスバーにopera:aboutと打つと「Operaについて」の「パス」に表示されます。
Windows VistaならC:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Opera\Opera\speeddial.iniです。speeddial.iniをエディタで開いたら、
[UI]
Opacity=50

と、どこでもいいのでコピペしてください。数字が透過度で1~100まで設定可能です。
関連記事

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES Customized by WEB Memorandum