CuperUtilities StartUp Managerでシンプルにスタートアップ管理を

このソフトはスタートアップの管理、つまり、PCの電源を入れたときに起動するプログラムの数、種類の管理が簡単にできます。
スタートアップの管理はWindowsのコントロールパネルからもできますが、Windowsデフォルトのスタートアップへのプログラムの追加をすると、nrlaunchなどいくつかのプログラムは不具合を起こすので、こちらをオススメします。
また、不必要なスタートアッププログラムをスタートアップからはずしておくことで、電源をつけてから、PCが操作できるようになるまでの時間が早くなります。
ランチャーはこのソフトでスタートアップに登録しましょう。

CuperUtilitiesStartUpManager ←ページ内「Downlord Now」をクリック

対応OS Windows 98/Me/NT/2000/XP/Vista

使い方

ダウンロードしたインストーラーを実行し、CuperUtilities StartUp Managerをインストールします。
インストール後にUIStartUpMgr.exeを実行します。ユーザーアカウント制御⇒「続行」

cup1_convert_20090913112903.jpg

スタートアップに登録させたいプログラムがあったら
File⇒Add Program

cupe2.jpg


「Browse…」をクリックしてスタートアップに追加したいプログラムを選び

cuper3.jpg

赤枠で囲った「OK」を押します。文字化けは仕様です。
また、「OK」をおし、プログラムが並んでいる欄に自分が追加したプログラムがあるか確認してください。


スタートアップの管理

プログラムの横の水色のチェックがついているものはスタートアッププログラムとして起動します。
使わないので起動させたくない場合は、チェックをはずしてください。
これだけでも十分ですが、スタートアップから消したい場合(自分で追加したものなどを)はそのプログラムを右クリックしDeleteを選択⇒ゴミ箱(Recycle Bin)へ送りますか?に「OK」
次にゴミ箱(Recycle Bin)を選択し、その中の削除したいプログラムを右クリック⇒「Delete」⇒「OK」
でスタートアップから削除されます。(プログラムがPCから削除されることはありません。あくまでスタートアップからだけです。)



関連記事

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES Customized by WEB Memorandum