【簡単に】重複ファイル削除には「FileHammer」一択【高速処理】

重複ファイルとは何か?画像や音楽を収集していると、ファイル名もファイルの中身も同じファイルや、さらにファイル名は異なるが、中身は同じというファイルが出てきてしまう。
中身が同じものを何個も持っていてもしょうがないので、そういうものはこのフリーソフトで削除しよう。
今回紹介するソフトは、なんと名前が違っても、MD5一致を確かめ、中身が同じなら重複ファイルとみなしてくれる優れものだ。
さらに、重複ファイルを削除するだけでなく、削除せずにコピーしたり、別の場所への移動もできる。
他にもファイル名、またはサイズを入れると合致するファイルを探し出してきて、削除できる機能がある。

File Hammer←ページ下部の[ダウンロード]ボタンをクリックして保存

対応OS Windows XP/Vista/7

FileHammerのzip版をダウンロードし解凍。

使い方

fh1.jpg


FileHammerを実行し、検索対象のフォルダを選択します。その中のサブフォルダも検索対象にしたいなら、「サブフォルダも対象」にチェックします。

その後、重複ファイルを見つけるなら検索する条件で
条件⇒「重複」を選択

fh2.jpg


判定処理⇒「MD5」を選択し「OK」

fh34.jpg


あとは「処理」項目の「検索」をクリックすると、自分が選択したフォルダ内に重複ファイルがあった場合は重複したファイルが全て表示されます。
ここでリスト化されたファイルのうち、チェックが入っているファイルが次に行う処理(削除、コピー、移動)の対象になります。処理対象となるファイルを変更したければ「リスト操作」や、手動でチェックを付け替えてください。
処理対象ファイルが決まったら、「ファイル削除」ボタンをクリックします。ただし、このボタンをクリックした時点では削除は実行されません。
「ファイル削除」ボタンをクリック後に、これらリスト化されチェックが入ったファイルの処理方法を決めます。

 重複ファイルを削除する場合

クリック後に表示されたメニューから、赤枠「削除」or「ゴミ箱へ削除」を選択⇒本当に削除してもよろしいですか?⇒「はい」でチェックが入ったファイルの削除が実行されます。
処理後に「確認」を押してFileHammerを閉じて終わりです。

 重複ファイルを削除せず別のフォルダにコピーする場合

青枠「コピー先」をクリックして、重複ファイルをコピーするフォルダを選択します。この処理では重複ファイルのみが指定したフォルダにコピーされます。削除はされません。
下にある「階層構造を維持」でコピーを行うと、サブフォルダ内に重複ファイルのみが入った状態でフォルダごとコピーされます。

 重複ファイルを削除して別のフォルダに移動する場合

緑枠「移動先」をクリックして、重複ファイルの移動先となるフォルダを選択します。この処理では元あったチェックの入った重複ファイルは削除され、移動先に指定したフォルダにコピーされます。
下にある「階層構造を維持」は上記同様。
関連記事

COMMENT

FileHammerの使い方

重複ファイルFileHmmerの使い方でこちらにやってきました。
手取り足取りの説明に感謝します。
検索と実行ボタンの使い方を教えてください。
実行ボタンは、ゴミ箱に捨てられてしまうので怖くて、コピー(階層構造維持)でディスクトップにしたら容量オーバーとなってしまいました。
できれば、検索先のHDDの保存が可能か教えてください。
また、検索ボタンの場合でもHDDに保存が可能か教えてください。

2012.01.12| URL| さかい #dCM0cnMI [編集]

Re: FileHammerの使い方

> 重複ファイルFileHmmerの使い方でこちらにやってきました。
> 手取り足取りの説明に感謝します。
> 検索と実行ボタンの使い方を教えてください。
> 実行ボタンは、ゴミ箱に捨てられてしまうので怖くて、コピー(階層構造維持)でディスクトップにしたら容量オーバーとなってしまいました。
> できれば、検索先のHDDの保存が可能か教えてください。
> また、検索ボタンの場合でもHDDに保存が可能か教えてください。

 まずは「検索」ボタンについてです。手順に従って、検索対象フォルダや、検索条件を設定した後に一番下の「検索」ボタンを押すと、指定したフォルダ内の重複ファイル検索が行われます。検索終了後に重複ファイルの一覧がリスト化され、重複したファイルの内、(例えば重複したファイルが1ペアだったら)片方にチェックが入り、もう片方にはチェックが入りません。以上が検索ボタンの役割です。つまり、検索機能のみで、ファイルの保存等の機能は付いていません。
 つぎの検索した後の「ファイル削除」ボタンについてです。さかいさんが行った処理「コピー」は、ファイル削除と銘打ってありますが、検索してリスト化されたファイルは一切削除されません。「コピー」処理は検索語後にチェックを入れたファイル全てをデスクトップ等指定したフォルダにコピーするという処理です。つまり、全重複ファイルの量が「コピー」処理前よりも1.5倍以上に増えるわけです。そのため容量オーバーになったと考えられます。さかいさんの場合は、容量不足によりエラーが出ただけで、検索先ちして指定したHDDをコピー先に選ぶことは可能です。
 なので、容量不足によるエラーを出さないために、「移動」処理を行えば、データ量自体は処理前と一切変わらないので重複ファイルをデスクトップへ移動することができます。(とはいえ、HDDの空き容量を増やすために重複ファイル削除を行うので、「移動」より「削除」or「ゴミ箱へ削除」のがオススメしますが
 削除だけでなく、こうした重複ファイルのリスト化、移動が行えるのもこのソフトのイイところですね。以上です。

2012.01.14| URL| 管理人 #- [編集]

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

cork_board template Designed by ARCSIN WEB TEMPLATES Customized by WEB Memorandum